MLB

    5145b_963_6dc717b2_3752e6b0





    1: 名無しさん 2018/10/16(火) 09:52:03.59 ID:elYPSL6n0
    元・巨人のキャプラーに“人身売買”疑惑。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15439623/

    捜査対象の中に、かつて読売ジャイアンツでプレーし、現在フィラデルフィア・フィリーズで監督を務めるゲーブ・キャプラー氏(43)の名前もあったことが波紋を呼んでいる。
    驚くべきは、2015年の時点でドジャースが現地スタッフの犯罪行為を認識していた点だ。インクワイアラー紙によると、取引に関する“
    犯罪度”を1から5にランク分けするドジャース独自の調査を行った結果、5名の行為が“犯罪そのもの”に該当したというのである。つまり、中心となってヒトとカネの取引をまとめていたわけだ。
    しかも、ドジャースはそれを知りつつ、表沙汰にしなかった。

     さらに衝撃的な報告もある。ドジャースが中南米の各国で、マフィア流に細分化された組織を築いてると報告されているのだ。
    もしも疑いが事実だとすれば、ドジャースは国際的な犯罪のシンジケートとなり、それを管理していたのがキャプラー氏という形になる。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539651123/

    【【悲報】読売ジャイアンツ元選手、中南米で人身売買に加担と報じられる 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    20180915_tanaka3_gi-560x373







    1: 名無しさん 2018/09/16(日)04:33:41 ID:KSc
    14日(日本時間15日)の本拠地ブルージェイズ戦で今季12勝目を挙げたヤンキースの田中将大投手。3試合連続クオリティー・スタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)となる6回4安打8奪三振2四球無失点の好投で自身3連勝。ヤンキースを11-0での大勝に導いた。
    (中略)
     さらに、「右腕は6回無失点とし、また輝いた。たった4被安打、2与四球とし、8奪三振だった。直近3登板で、タナカは3勝0敗であり、21イニングで1失点しかしていない。田中は常に有利なカウントで投げた」と、この日の投球内容について高く評価している。

     普段は辛辣なNYメディアだが、まさに絶賛の嵐。超名門球団でデビューから5年連続12勝以上と安定して勝ち続ける田中の存在感が際立っている。

    全文
    https://full-count.jp/2018/09/15/post204498/

     


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537040021/

    【12勝目の田中将大にNYメディアは絶賛の嵐「また輝いた」「ショーを披露」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング