一般ニュース

    Cx4CrDNUsAARVfj






    1: 名無しさん 2018/10/15(月) 16:04:06.35 ID:E0LWM+zpd
    詐欺グループの現金受け取り役の男が、スーツが似合っていなかったことから警察官に職務質問され、駅のトイレに逃げ込んで、数時間、立てこもった挙げ句、逮捕されました。

     逮捕されたのは小川敬介容疑者(49)で、先月、葛飾区の80代の女性に次男を装ったうその電話をかけ、現金180万円をだまし取った疑いが持たれています。

     今月12日、警察官がスーツが似合っていなかった小川容疑者を職務質問したところ、「答える義務はない」とその場を立ち去り、地下鉄に乗り込みました。
    小川容疑者は、錦糸町駅のトイレの個室に逃げ込み、数時間、立てこもりましたが、その間に現金受け取り役とみられることが分かり、逮捕されました。取り調べに対し、黙秘しているということです。(15日11:10)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181015-00000022-jnn-soci

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539587046/

    【警察官「あの男スーツ似合ってないな。職質してみよう」→詐欺グループの受け取り役と判明し逮捕 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/10/14(日) 19:24:34.43 ID:WKAnt5vp0
    なぜ女子に家賃補助? 東大男子が知らない進学不平等
    聞き手・塩入彩
    2018年10月12日08時35分

     東京大学の女子学生の割合は、約2割にとどまります。
    この状況を改善しようと、大学側は2017年度から女子学生向けに家賃補助制度を導入しましたが、
    発表時には批判的な声もあがりました。
    女子へのサポートは「男子差別」なんでしょうか。
    同大大学院総合文化研究科の四本裕子准教授(認知神経科学)に聞きました。

     ――東京大が2017年度から設けた女子学生向け家賃補助制度。「女性優遇」との批判も出ました。

     「確かに、個人の男子受験生が『自分が補助を受けられないのは不平等』と感じるのは自然なことです。
    社会と個人の利益のバランスをどう取るかの議論は絶えません。
    ただ、今回は『男女の進学機会は平等』と思っている人とそうでない人で、意見が分かれたのだと思います」

     「私が講演で地方の公立高校に行くと、女子生徒から『兄は東京の大学に行っている。
    だけど、自分は女の子だから家から通える大学にしなさいと親から言われている』という話を本当によく聞きます。
    しかし、東大生の多数派を占める男子学生はその現実を知らない。
    知らないからこそ『日本では男女の進学機会に差はなく、平等だ。なのに女子だけずるい』と思ってしまう」

     ――四本さんは男女の進学機会は平等だと思っていましたか?

     「学生の時までは思っていました。
    私は宮崎県の県立高出身ですが、家は『県外の大学進学は当然』という考え。
    入学後も、周囲は東大に進学できた学生ばかりなので、特にその状況が特別だと意識はしなかった。
    ただ、博士課程で米国の大学に留学して、進学する学生の状況を客観的に考えるようになりました。
    その後、帰国して教員として学生と話す中で、
    改めていまの状況は多様性に欠けていると感じるようになりました」

     ――家賃補助は効果があるでしょうか。

     「現状ではいい制度だと思いま…
    https://www.asahi.com/articles/ASLBC6335LBCUUPI003.html

    四本裕子・東京大准教授(認知神経科学)
    no title

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539512674/

    【【悲報】東大、女子にだけ家賃補助 東大准教授まんさん「批判する男子は不平等の現実を知らない」 】の続きを読む

    IMG_1798






    1: 名無しさん 2018/10/14(日) 10:28:46.49 ID:Wx9g5QzM0
    さらばペッパー、契約更改を見送った企業の本音
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00466/101000001/

    感情認識エンジンを搭載し一世を風靡したヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」。
    法人モデルの販売が4年目を迎えた今、レンタル契約の更改を予定する企業が15%にとどまる事実が日経 xTECHの調査で明らかになった。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539480526/

    【【悲報】ペッパー君、続々と廃棄処分される】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング