ネタ雑談

    542ed0f1






    1: 名無しさん 22/02/27(日)17:31:53 ID:a5aG
    北の大地で踏ん張る漢が意地を見せた。
    昨今問題となっているロシアによるウクライナへの侵攻問題、これに一石、いや一糞を投じたのが巨人小笠原(48)である
    カッスは常日頃からプーチンと「ニンフィアvsエーフィ、よりシコれるのはどっちか論争」を始め様々な問題で敵対しており、北方領土問題に関しても全面戦争も辞さない構えで意欲を見せていた
    ところがどっこいどってんカープ、プーチンの興味は今やウクライナ一色。いくら敵対していてもここはお互いマイナス20度のヴォルガ川で盛り合った仲
    嫉妬の炎に燃えたカッスはプーチンの興味を引き戻すべく独りウクライナへ侵攻。国境の兵士を見境なく得意の射精と脱糞で攻撃するとテクノブレイクを引き起こし死亡。間もなくロシア兵から空爆を受け死亡した
    遺体を引き取ったロシア兵はあまりのおぞましさにカッスの陰嚢を砲弾口に挿入。そのまま誤ってロシアの方向に発射すると、上空2000mで意識を取り戻したカッスは「最も強い言葉で非難する」と抗議するも時すでに遅し
    仕方ないのでプーチン邸に着弾すると「No war No life」と絶叫するとそのまま家族もろとも強姦。ありとあらゆる女性器の呼称をロシア語で絶叫し、そのまま自害した
    この一報を聞いた岸田首相は「遺憾でしょ」と怒り心頭。カッスの蘇生を命じ一命を取り戻すものの番長清原の「行くでしょ」攻勢を受け死亡した
    これに大正義読売巨人軍全権監督の原辰徳氏も「カッスは飛ぶ飛ぶ ロシアの弾で」とご満悦
    なお開戦には間に合わなかった模様

     


    引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1645950713/

    【巨人小笠原、ウクライナに侵攻し死亡】の続きを読む

    542ed0f1






    1: 名無しさん 2021/12/13(月) 20:23:20.75 ID:Jp50aqldr
    一年の世相を表す「今年の漢字」に「金」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で13日、日本漢字能力検定協会(同区)が発表した。

    一方で漢検10級に補欠合格し高い能力を見せつけた、終身名よ死刑しゅう巨人小笠原こと巨人小笠原は同日、恒例の「カッスの今年の漢字」を発表。今年は「玉」が選ばれた。

    寒い日の縮こまった玉袋みたいに険しい表情のカッスは、選出理由について(鏡に映る自身に向かって一人で)語った。

    「『金』といったら『玉』という。『変』といったら『態』という(08年)。これが自然の摂理だろ。」とのたまうと、全裸に玉袋を羽織り街へ繰り出した。

    颯爽とリリーフカーを駆り向かうは京都清水寺。カッスは到着するなり、「今年の漢字」発表に駆けつけた報道陣や観光客、隣県からお越しのえ夢ちゃんなどを片っ端から犯してはザーメンを硯に溜めていった。

    いよいよ「金」を書き終えた坊主の前に、タレをカキ終えたカッスが立つ。カッスは「まだ完成しちゃいない、坊主の玉から墨汁を搾り取り『玉』を書き加えるのだ」と豪語。

    そこへ京都の初雪が舞い降りると、1粒の結晶が亀頭に付いた。
    急激に冷える金玉袋が縮み上がると、それを羽織っていたカッスは首を締め上げられ「デュンッ」という断末魔と共に絶頂射精し死亡、お開きとなった。
    カッスの死体は大文字の火にくべられたが、すすがウンコ臭くてかなわんという理由で破砕処理となった。

    これについて大正義巨人軍原監督は「こだまでしょうか?いいえ、だれでも」と言葉少なに非常に険しい表情で語り、球場を後にした。
    なお明日の試合には間に合うもよう

     


    引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1639394600/

    【巨人小笠原、今年の漢字に「玉」を選出】の続きを読む

    Cx4CrDNUsAARVfj






    1: 名無しさん 21/10/14(木)14:27:48 ID:mBGl
    むかしむかし、あるところに、トランプじいさんとヒラリーばあさんが住んでいました。
    おじいさんは山へ票集めに、おばあさんは川へ票集めに行きました。
    おばあさんがミシシッピ川で人種の選択をしていると、どんぶらこ、ちんぶらこと大きなキンタマが流れてきました。
    「おや、これは良いおみやげになるわ」
    おばあさんはキンタマをひろいあげて、家に持ち帰りました。
    「これはきっと、神さまが下さったにちがいない」
    選挙運動で実弾の足りなかったおばあさんは、大喜びです。
    おばあさんは中から金塊を取り出そうとキンタマを切ってみると、なんと中から玉のような子が出てきました。
    おばあさんはため息をつくと、男の子を巨人小笠原死刑囚容疑者(46)と名付けました。
    男の子はムクムクと育つと北の侍に育ち、やがて桃太郎と呼ばれるようになりました。
    FA権を行使すると、セ界一を目指して赤鬼退治に出発です。
    旅の途中で、倒れた黒人の首の上で膝立ちをしている警官を見つけました。
    「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
    「鬼ヶ島へ、赤鬼退治に行くんだ」
    警官はドーナツをもらうと、桃太郎のお供になりました。権力に従順なことからイヌと名付けました。
    そして次は、街で火を放ち、暴行と略奪を繰り返すクロンボと出会いました。
    ニセ紙幣を渡しお供にすると、知能がチンパンジー並みであることからサルと名付けました。
    そして今度は、メディアを操作するユダヤ系左派グローバリストと出会いました。
    リベラルなイデオロギーを与えお供にすると、ある事ない事を書いて世論を焚きつけることから、記事と名付けました。
    こうして、イヌ、サル、記事の仲間を手に入れた桃太郎は、
    「白、黒、ユダヤで三色揃い踏みか。まるで信号機だな」
    と感慨深げ、ついに鬼ヶ島へやってきたのです。
    ホワイトハウスでは、トランプ氏が宝物やごちそうをならべて、ツイッターの真っ最中です。
    「みんな、ぬかるなよ。それ、かかれ!」
    イヌは赤鬼にリボルバーを向け発砲、サルは声高に被差別利権を主張し、記事はCNNで過去のスキャンダルをつつきました。
    そして桃太郎もイチモツをしごき絶頂射精で大暴れ、ホワイトハウスは地獄絵図です。
    とうとう鬼の親分は、
    「まいったぁ、まいったぁ。こうさんだ、助けてくれぇ」
    と、手をついてツイートしました。
    「大統領の知能がエテ公レベルとはな。これでお前は負け犬同然だ」
    と桃太郎は高らかに勝利宣言をしましたが、発言に差別的な内容が含まれたことからイヌとサルから滅多打ちに合い、記事にキンタマをつつかれると無事死亡したんだとさ。

     


    引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1634189268/

    【【再放送】巨人小笠原、桃から生まれ死亡】の続きを読む

    Cx4CrDNUsAARVfj






    1: 名無しさん 2021/10/19(火) 22:42:19.69 ID:euQWhRxp0
    機内食がラムーの弁当

     


    引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1634650939/

    【激安LCC航空「なんJ航空」にありそうなこと】の続きを読む

    IMG_2782






    1: 名無しさん 2021/09/03(金) 13:07:05.74 ID:3Ff0YdXkF
    ──菅首相、自民党総裁選の出馬を断念──
    総理大臣の突然の自慰表明に揺れた永田町。一報を受け「カースー」こと巨人小笠原が勃ち上がった。
    「神奈川のヤクザ一家でも総理になれる国なんだから、俺でもできる」と豪語した巨人小笠原は、リリーフカーに乗り込むと永田町へ向け急行。
    途中池袋で母娘を轢き殺すアクシデントに見舞われたが、懲役5年の判決で済み事なきを得た。
    自民党本部に到着したカッスは、「ハゲは青柳だけで勘弁」と言い放つと、出くわした菅首相を撲殺。
    続いて石破の元に向かうと、「お前より丸のほうが顔がデカい」と告げ首を切断。コゲてカビてきたアンパンマン(64)の顔を新しい物に交換してあげるファインプレーを見せた。
    その後も「アベの後継は岸田や河野じゃ無理」と言いながら首相候補を殺害して回ったカッスだったが、いなだぼーえーだいじんのサーモンピンクの秘部を御開帳した際に謎の激臭に見舞われ、そのまま窒息死した。
    この件を受け大正義巨人軍原監督は、「森保も潔く身を引いてほしいね」とコメント。
    サッカー代表監督への出馬に意欲を示した。
    なおコロナの収束には間に合わん模様。

     


    引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1630642025/

    【巨人小笠原、自民党総裁選に電撃立候補】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング