ロッテ

    0626_oominesyota








    1: 名無しさん 2018/06/27(水) 12:46:03.84 ID:c/DGPMBPa
    千葉ロッテマリーンズの大嶺翔太が、金銭トラブルで引退した。
    推定年棒1,000万円でも金に困っていたのは、ギャンブルが原因との見方もある。
    「大嶺は以前、野球選手の闇カジノ問題が持ち上がったとき、『おまえは大丈夫か?』と疑われたことがあったほどのギャンブル好き。
    闇カジノには関わっていないと聞いているけど、野球担当記者にパチンコの話をしていたことがあったり、
    後輩選手を賭けポーカーに誘ったなんて話もあった」(球団関係者)

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530071163/

    【ロッテ大嶺翔太、破滅の原因はギャンブルと風俗 】の続きを読む

    20180626-00000046-tospoweb-000-4-view






    1: 名無しさん 2018/06/26(火) 16:53:10.26 ID:hdQ0LI3S0
    金銭トラブルによりロッテを任意引退した大嶺翔太内野手(26)の“私物”がネット上を騒がせている。

    25日現在、ネットオークションサイト大手の「ヤフオク」「メルカリ」では、同選手の実使用グラブやバット、スパイク等が大量に出品されている。
    その中には最近の出品ではなかったり、所有者が転々としているであろう品も見受けられるため、一概には言えないが
    「借金返済の足しに、本人が自ら出品しているのでは」との疑惑が持ち上がっている。

    しかも、ロッテの同僚の野球用具や兄の祐太のグラブ、さらにはNPB使用球まで…。いずれも高値で取引されており、10万円以上で落札された商品もある。
    値下げ交渉の過程や入手先を問われ“ブチ切れ”するやりとりもあり、大嶺翔本人、あるいは第三者への“横流し”を疑われても仕方のない現状となっている。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529999590/

    【“借金トラブル引退”大嶺翔太の“私物”オークション出品にロッテ球団は困惑 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/25(月)15:39:23 ID:xH9
    1(中)カープ戦でサイン盗み
    2(二)当たり前のように不倫をする
    3(DH)不倫相手と試合中にLINEをする
    4(一)不倫相手と子供を作る
    5(三)責任取る気ないのに子供の名前を考える
    6(左)責任取る気ないのに子供の為に頑張る
    7(捕)責任逃れのため長文で謝罪をする
    8(遊)わかる?
    9(右)パスドラで謝罪
    投 不倫相手をAV堕ちさせる

    監督:清田育宏

    no title

     


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529908763/

    【清田育宏の悪業で打線組んだwwwwwwwww】の続きを読む

    20180625-00000049-tospoweb-000-5-view






    1: 名無しさん 2018/06/25(月) 17:18:40.46 ID:Jzt3+d9I0
    ロッテの大嶺翔太内野手(26)が23日、任意引退選手としてコミッショナー公示された。
    球団に大嶺翔本人から金銭トラブルによる引退の申し入れがあり、これが受理された。「借金引退」が公表される異例の事態とあって球界内外には大きな衝撃が広がっている。
    実際のところはどうだったのか。関係者の話を総合して浮かび上がった“事件の闇”とは――。

    異例の理由で現役生活にピリオドを打った大嶺翔は球団を通じて「いろいろな方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、
    多くの方にご迷惑をかけてしまったことを深くお詫び申し上げます」とコメントした。球団の説明によると、
    約2年半前から金融機関などとトラブルがあり、その時は収まったものの、最近になって再びトラブルが発生。借り入れ先は反社会的勢力などではないという。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529914720/

    【ロッテ・大嶺翔太「借金引退」の闇 後輩にも「カネ貸してくれ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング