ロッテ

    20181225-00000210-sph-000-3-view






    1: 名無しさん 2018/12/26(水) 22:07:13.41 ID:MvXE3k/E0
    ヤクルトを退団した大松尚逸内野手(36)が25日、海外でのプレーを視野に入れていることを明かした。
    社会人野球も含めて現役続行の道を求めているが「現状は海外でチャレンジしようと思っています。野球を続けたい気持ちが大きい。挑戦したい気持ちがあるうちにいろいろ経験したい」。
    米独立リーグやメキシカンリーグなどを検討している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000210-sph-base

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545829633/

    【【朗報】ヤクルト退団の36歳・大松尚逸が海外挑戦も視野に 】の続きを読む

    mig






    1: 名無しさん 2018/12/26(水) 16:08:19.59 ID:TG/O63FK0
    ロッテ・山室晋也球団社長(58)と松本尚樹本部長(48)が26日、18年シーズンを総括するとともに、「チーム戦略部」の新設を明かした。

    冒頭、山室社長は「井口監督のスタートの年となり前半はよかったが、途中から失速した。学ぶことがあって強化していく。
    松本体制の下で(来季)優勝に向かってまい進していきたい」と来季のV奪回を誓った。

    2年連続Bクラスの5位に終わったが、球団経営は絶好調。ロッテ球団創設50年目にして親会社の支援を受けずに初の黒字化を達成した。
    観客動員数、グッズ販売などが最高益を更新。初の黒字化につながった。どの部門も10~15パーセントの伸びだったという。黒字幅は約7億と見られる。

    山室球団社長は、「これまでの親会社の支援もあって」と前置きし、
    「黒字化で一区切りついた。チーム強化に大きくかじを切る。組織の強化に努めたい」と2億円以上を投じての「チーム戦略部」を新設すると語った。

    6人のアナリストを中心にこれまでのデータを徹底的に蓄積・分析。今後のチーム編成、FA戦線、ドラフト、選手育成などに活用する。
    トップには原田卓也球団副本部長が就任。来年1月10から本格始動する。

    来季はZOZOマリンに「ホームランラグーン」が設置される。これまで以上に本塁打が出やすくなるが、
    松本本部長は「あくまでも投手力を基本にしたい。打つ方も期待していますが、投手力だと思います」と話し、守りの野球を強調した。

    夏場には衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長が
    「プロ野球球団を持ちたいです」と球団買収プランを明かし、千葉が本拠地のロッテが浮上した。
    これに山室社長は同日、「基本的にロッテのことではない。売る意思はないし今後も売る意思はない」と全面否定していた。

    この日、山室社長は「頑張るべきと思った」と騒動を乗り越えて球団発展へ思いを熱くしていたことを改めて明かしていた。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545808099/

    【【朗報】 千葉ロッテさん 7億円の黒字化に成功 チーム戦略部を新設 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/12/24(月) 10:03:29.54 ID:Nq9KWxSG0EVE
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812240000129.htm

    【久永記者】168センチと長身で、スタイル抜群。ウエディングプランナーとして3年間働いていたそうで、笑顔がステキ。女優の戸田恵梨香似
    no title


    【久永記者】女優の二階堂ふみ似の容姿。遠くから見ても分かる大きな目で、審査員1人1人の目を見ていたのが印象的。素人から見ても表現力があった。
    no title


    【久永記者】女優の土屋太鳳似の容姿。1回見たら忘れられないような、くっきりとした目鼻立ちが印象に残っている。絶対合格したい熱意を一番感じた。
    no title

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545613409/

    【【朗報】ロッテ新チア、戸田恵梨香、土屋太鳳、二階堂ふみを揃える 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング