日ハム







    1: 名無しさん 2017/08/21(月) 16:02:01.07 ID:FSeTp6V/0
    https://full-count.jp/2017/08/21/post80622/
    「黒羽根さん、マイク小さくないですか?」と問いかけられるとドヤ顔で「顔でかいからや」と即答。
    「以上、"白"羽根選手でした」というアナウンサーの締めに「"黒"やって!」とすかさずツッコミ。サービス精神満点の即興パフォーマンスに札幌ドームは爆笑に包まれた。

    その様子をベンチに座って眺めながら栗山監督はベンチで微笑んでいた。「素晴らしかった」とこの日の活躍を称えた指揮官は、孔子が説いた言葉を使って黒羽根の良さを表現した。

    「俺が一番キャッチャーに求めているものは『恕(じょ)』なんだよね。相手の気持ちになっていますかという風に表現されるけれども、相手の心の如くという字そのもの。
    バネ(黒羽根)はそういうものがすごく感じられるキャッチャー。何とかしてあげようという必死な姿が彼の特徴」

     


    引用元: ・http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503298921/

    【栗山監督「黒羽根はすごく感じられる。何とかしてあげようという必死な姿が彼の特徴」】の続きを読む

    no title







    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 00:27:02.54 ID:M4ryHWqaa
    2016年にはチームが日本一に輝くも、この年の斎藤は1勝もできず。
    優勝旅行を辞退し年明けにはグアムで自主トレを行った。それでも今季の成績は1勝3敗で
    防御率は8.18と不本意なもの。崖っぷちの29歳は
    プロ野球選手の平均引退年齢が29.6歳(2016年NPB調べ)と伝えられると
    「引退とかクビとかというのはもちろん感じているというか頭の中にはある」という。

    それでも「それは自分がやった後についてくる
    出てくる話でまだ勝負できるうちにそんなことは考える必要はない」と前向きに語ると
    「ダメでもそれに向かっていく。 挑戦し続ける。僕らはダメだったらクビ切られるだけ。
    そこまで本当に勝負し続ける。だから諦めたらダメ」などと自分に言い聞かせるように語った。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13491585/

     


    引用元: ・http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503156422/

    【斎藤佑樹さん(防御率8.18)「まだ勝負できる、クビとか引退とか考えない」】の続きを読む

    no title





    1: 名無しさん 2017/08/19(土)00:56:10 ID:eiv
    悲しいなぁ…

     


    2: 名無しさん 2017/08/19(土)00:56:45 ID:eiv

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503071770/

    【【悲報】斎藤佑樹さん、取材中に遠回しに引退を勧められてしまう】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/08/18(金) 12:19:27.74 ID:Xoda4QuWa
    no title

    やはり今オフ、FAとなる大野奨太捕手(30)の起用回数が増えている。「見本市的な感覚で使ってるのかもしれませんけど、リードが酷すぎる。四球を怖がってミエミエの外角真っ直ぐを要求→痛打を喰らう。これの繰り返し。
    ソフトバンク戦で、2試合で8発ホームラン喰らったことがあって、ナインは守りながら『花火大会かよ』ってキレてましたよ。で、試合をブチ壊す一方で自分だけマルチヒットとか……マジでムカつく。チームのムードは最悪です」(中堅投手)

     


    引用元: ・http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503026367/

    【【悲報】ハム大野、投手陣からリードを酷評される】の続きを読む

    20170817-00010012-fullcount-000-1-view







    1: 名無しさん 2017/08/17(木) 10:35:50.88 ID:m0qgaQvXp
    お立ち台では、ベンチにいる栗山英樹監督に向かって帽子を取って日本語で頭を下げた。
    「カントク、アリガトウゴザイマス」
    心からの言葉だ。一昨年34本、昨年は39本と本塁打を重ねているが、来日当初は日本の投手に対応できず苦しんだ。一昨年は7月下旬まで打率1割台と低迷。
    「1年目の絶不調の時に使い続けてくれた監督に一番感謝したい。日本のお父さんと思っている。監督としても人間としても素晴らしい方」と指揮官への感謝の言葉を並べた。
    栗山監督は「あいつによく叱ってますけど、本人に“俺はお前の親父なんだ。言うこと聞け”という風に言っているのが、そういう表現になったと思います」と照れくさそう。それでも「本当に良かった」と自分のことのように喜んだ。
    一昨年のシーズン終盤にレアードを使い続けた理由について質問された栗山監督はこう答えている。
    「どんなに苦しくても常に前向きであることが大きい。とにかく明るく元気。そこが彼の良さ。慣れるのは時間がかかるし、こちらが理解することも必要。俺がレアードから学んだことも大きい」。
    異国の地で明るさを失わず、日本の野球に順応して3年目で100号に到達した。
    今季27号。本塁打争いでソフトバンクの柳田と並んでトップに立った。ここ9試合で5本と量産体制に入り、3年連続30発と2年連続本塁打王がはっきりと見えてきた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00010012-fullcount-base

     


    引用元: ・http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1502933750/

    【レアード「栗山監督を日本のお父さんと思っている。素晴らしい方」栗山監督「俺はお前の親父なんだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング