広島

    Unknown-1




    1: 名無しさん 2020/01/10(金) 01:09:36.49 ID:GSLgupYrd
    広島は臆することなくサビエル・バティスタ外野手(27)と再契約すべきだ。記者はそう考えている。

    ところで近年、ネットを中心に「正義マン」という言葉が流行しているそうだ。正義のために、悪事を働いた(とされる)人物を徹底的に叩く者を(嘲笑して)そう呼ぶらしい。

    一度やらかした人物が“ネットリンチ”に遭い、再チャレンジできない社会こそ、記者からすれば正義に背いていると思う。バティと広島を叩く人々は、小さい頃、立ちションもしたことがない「正義の権化」なのかしら。

    ちなみに広島は、バティと再び契約するか否かを決めかねている様子。鈴木球団本部長は「引き続き契約するかは(来年)3月2日をめどに判断する」と説明している。重ねて、ネット世論に臆することなく再契約すれば良いと思っている。

    (記者コラム・田中 昌宏)
    https://hochi.news/articles/20191219-OHT1T50147.html

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1578586176/

    【【悲報】球団はバティスタと再契約すべし…「正義マン」に臆するな】の続きを読む

    IMG_2274






    1: 名無しさん 2020/01/09(木) 21:14:46.12 ID:VhDFRDWz0
    広島・堂林翔太内野手が9日、鹿児島市内の最福寺で会沢翼捕手、石原慶幸捕手、小窪哲也内野手とともに恒例の護摩行に臨んだ。

     4度目の参加となった堂林は、今季に懸ける思いを口にした。「一生懸命やりました。手足がしびれて、ギリギリの状態でした」と炎の前で経を唱えた時間を振り返った。

     昨季は28試合の出場にとどまり、打率・206。11年目のシーズンへ「1年間、1軍の戦力になって」とチームに貢献することを誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000106-dal-base

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1578572086/

    【広島・堂林が護摩行「ギリギリの状態でした」11年目のシーズンへ決意】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング