ニュース

    car_truck_green_number-cfcb2-thumbnail2







    1: 名無しさん 2020/01/22(水) 21:51:58.77 ID:52XORWRia
     私たちの生活を支える物流。これまで、1つの商品を大量に運んでいた運送トラックですが、
    最近では小口の注文が増え、1台が運ぶ商品も多様化し、作業量も増えています。
    一方で、トラック業界は今、深刻な人手不足で、国土交通省でも有識者会議が対策を話し合うほどです。
    膨らむ消費者の欲求に業界はどこまで応えられるのでしょうか。

     午前3時、運送会社はすでに臨戦態勢です。ベテランドライバーの1人、山崎正之さん(52)。
    山崎さんは、卸売業者からの発注を受け、スーパーやコンビニなどの物流センターへと配送します。
     「『午前中までに納品してくれ』とかそういうところが多いので、結構、時間との勝負」(山崎正之さん)

     午前5時、1件目に到着。着くなり、どこかへ急ぎます。追いかけていくと・・・

    Q.これ、いま何をしている?
     「順番をとるんです」
    Q.順番をとるとは?
     「(荷降ろしの)受け付け。混むところはこういうシステムになっている」(山崎正之さん)
     着いても、すぐに荷物は下ろせません。順番待ちは熾烈な戦いなのです。山崎さんはどうにか3番目に入りました。
     「昨日から来ている人もいる」(山崎正之さん)

     コンビニやスーパー、工場などからの注文は、以前は大口が多かったため、配送回数が少なくて済みました。
    ところが、今は、日々、小口の発注が細かく入り、少ない荷物をあちこちに運ぶようになりました。
    小口・多頻度化と呼ばれる状態です。このため、配送時間は絶対厳守。しかし・・・

    Q.受け付け、まだ開いていない?
     「開いていない」(山崎正之さん)

     順番をとったら、あとは事務所が開くのをひたすら待つほかありません。時間との戦いに疲労がたまっていきます。
     「(この仕事に)若い人はほんと来ない。30代も来ないな」(山崎正之さん)

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579697518/

    【【悲報】運送業界「若い人ほどトラック運転手になろうとしない 20代どころか30代も全くいない」】の続きを読む

    img_d1bb2034ed49198834c66849aaf48d30349164





    1: 名無しさん 2020/01/22(水) 23:24:55.37 ID:YhdrEiSp0
    “決められない男”玉木と“坂道オタク”枝野お粗末すぎる野党党首会談、立民国民

    国会に集まった野党担当の記者は昼食抜きの空腹にいら立ちを隠せなかった。
    1月10日、午前11時から始まった立憲民主党の枝野幸男代表(55)と国民民主党の玉木雄一郎代表(50)との党首会談。

    野党担当記者は「永田町の常識では短時間で終わると思っていた」
    だが、終わったのは午後2時前。3時間近くを費やした結果、合意に達しなかった。

    談直後から情報戦が始まる。玉木氏の財務官僚時代の話を持ち出し、「忘年会の幹事だったが和食か洋食か中華か決められず、幹事をおろされた。
    決められない男だ。人間は変わらない」と揶揄。
    その上で、こう暴露した
    「前日までは大筋合意だったのになあ。玉木は党首会談前に合流反対派と話していた。彼は、いつも直前に話を聞いた人間の意見に左右される」

    国民の小沢一郎氏は焦りを隠せなかった。会談当日の夜、自らマスコミ各社を呼び込み、「玉木代表は公党の代表。本人が嫌だと投げ出してはいけない。
    責任をまっとうし、最終の努力をしていくべき」と強調。「小沢氏は合流がうまくいけば復権の可能性があった。お膳立てをしてやったはずの玉木氏への怒りがにじみ出ていた」(政治部デスク)

    一方、枝野氏のリーダーシップにも疑問の声が

    1月7日、記者から「党首会談の日程は決まったか」と問われた枝野氏は「その質問、違う。今日はもっと大事なことがある」。
    キョトンとする記者に「まいやんの卒業でしょ」

    立憲関係者は「冗談みたいな話をしていい時期ではない。まったく重みも品格もない」と嘆くしかなかった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200122-00026373-bunshun-pol

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579703095/

    【記者「会談の日程は?」→民主党・枝野「そんなことはどうでもいい!今日はまいやんの卒業日なんだぞ!」】の続きを読む

    IMG_2283






    1: 名無しさん 2020/01/22(水) 20:12:59.13 ID:8pYTW0vj0
    30代前半から婚活を続けており、知人の紹介を受けたり、結婚相談所などを訪れたりと出会いを求めていますが、まったく上手くいかないという相談者。本人は「156cm52kgで若い頃から歌手のYUKIさんに似てる」と言われ、年齢より幼く見えるといいます。相手に望むこととしては

    「自分より前後5歳程度で、年収もその年齢の平均額、できれば見た目も良い人がいいですが贅沢

    は言っていられないので妥協します」

    先日は、結婚相談所で42歳の公務員を紹介されましたが、お断りしたそうです。収入や人柄は問題なかったものの、外見が「頭髪も寂しく体型もややぽっちゃりの中年そのもので、この人と道を歩けるかな?と考えたら無理でした」と正直に印象を綴っています。

    しかし、相談所にそれを伝えると、少し批判されたそう。担当者は「年齢的に見た目の衰えは仕方がない」「相談所としてはお互いの希望理想と、夫婦になったときを想像し釣り合いがとれるような方たちを紹介している」などと説いてきたそうです。

    カチンときた女性は相談員に、あの男性と自分は「釣り合いが取れるとは思えません」と伝えましたが、

    「客観的に見て釣り合いが取れているんです。私たちはプロですから」
    とダメ押しされてしまいました。

    悶々として、腹立ちまぎれにSNSに書き込みをすると、今度は「勘違いするなババア」などと非難されたそう。ますますイライラが募った女性は「望むことは悪いことなんでしょうか?」と訴え、知恵袋に意見を求めました。


    https://news.careerconnection.jp/?p=83973&=1

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579691579/

    【38歳婚活女子「結婚相談所に行ったら42歳のおっさんを紹介されました。こんな人と道を歩けません」】の続きを読む

    20191217-00010004-abema-000-3-view





    1: 名無しさん 2020/01/22(水) 16:41:28.53 ID:Aez9X4wS0
    "インターネット上の地図を見ながら『ここ、いけるな』と判断していた。(出店基準が)これまで間違いだった。居住人口を重視すべきだった。"

    "勢いで年間200店も出さなければよかった。僕の近くで『だめだよ、そんなに出しちゃあ、社長』といさめてくれる人がいたら、こんなにおかしいことにはなっていないね"


    いきなり!ステーキに何が 社長「勢いで出さなければ」:朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASN1K64JHN1KULFA027.html?iref=comtop_list_biz_n03&__twitter_impression=true

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579678888/

    【【悲報】いきなりステーキ、これまでは社長がGoogle Map見ながら勘で出店するとこを決めていた】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング