セ・リーグ

    index





    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)09:45:03 ID:dTT
    巨人3軍が、著しい成長を遂げている。王者ソフトバンクに倣って今季から新設され、川相昌弘3軍監督(51)の指揮のもと、6月の対外試合はここまで6勝1分け。
    1軍は世代交代の過渡期で苦しんでいるが、常勝球団構築への土壌は着実にできつつある。その指導方法やチームに与えている影響など、3軍の実態に迫った。
    3月の対外試合初戦の日体大戦は、3安打完封負けという屈辱的な結果だった。
    強肩や俊足など一芸に秀でた育成選手が中心の3軍は当然、課題も多い。当初、野手は全体的にスイング力が弱く、練習でもまともに打球が飛ばない選手もいた。
    首脳陣はツイスト打法や八の字スイング、バットのヘッドにタオルを巻きつけての素振りなど、さまざまな練習方法で指導。
    遠征先でも昼夜を問わず技術向上に励むと、徐々にヘッドスピードが増し、結果も出始めた。

     


    4: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)09:47:17 ID:dTT
    サインプレーやナイターの際のコンディショニングなど、1軍を意識した指導も徹底。
    川相3軍監督は「実戦で試さなければ分からないことはすごく多い。阪神でも一二三が(BCリーグの)福井に行っているけど、ひとつのチームを作って定期的に戦った方がより効果はあるとは思う」と、育成論を語る。
    以下全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000021-dal-base

     


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1466469902/

    【巨人3軍、常勝球団構築へ水面下で着々“野球漬け”】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング