セ・リーグ

    20171122-00000536-sanspo-000-1-view






    1: 名無しさん 2017/11/22(水)15:08:15 ID:S0p
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000536-sanspo-base
    「ヤクルトの江村」と言えば“あの試合”が思い出される。2013年4月23日の広島戦(神宮)。同点の八回二死一、二塁の場面から登板し、迎えたのはレジェンド・前田智徳だった。
    カウント2-2から投じた1球は、前田の左手首に当たる死球に。前田は激高し、その後、左尺骨を骨折したことが判明。同年限りで引退した。

    「前田さんが引退をした後に、マツダスタジアムに解説をするために来ていたんです。そのときに、ごあいさつをして、あのときのことを謝ったら『いつの話をしとんじゃ』と言ってくれたんです」

    江村氏にとっても、前田氏にとっても、大きな1球となった。だが、前田氏の心の大きさに江村氏は救われたという。
    「ずっと気にしていてくれたみたいで。その後も『球が力強くなってきたな』とか、『弟も頑張っているな』と声をかけてくださった。本当にいい方だなと思いました」と振り返る。

    続きはまだある。その後、年賀状のやりとりをしたいと知人を通じて伝えたときのことだ。「そんなこといいよ。もっとやることがあるだろ?」と気を使った言葉をかけてくれたのだ。
    「すごくいい方です」と江村氏。1球で変わった人生。だが、自身のことよりも相手を気遣うレジェンドの姿勢に、江村氏も救われたのだ。

     


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1511330895/

    【【泣ける】元広島・前田智徳氏に救われた 江村将也氏】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング