542ed0f1





1: 名無しさん 20/07/07(火)12:29:24 ID:47j
夏。灼熱と甲子園の季節。
こういう時には冷たくてサッと食べられるものがオツで良い。と語るのは中日小笠原その人だ。
揖保の糸を一束取り出し、湯の中に放り込む。
「残り物で精一杯の贅沢をするのが粋ってもんだよ」とカッツはぬか漬けの切れ端を取り出すと、
手早くみじん切りにし、上からかつお節とおろし生姜、ポン酢をかける。
茹で上がったそうめんを氷水でキュット締め、ざるに盛り付ける。
「これはちょっと贅沢が過ぎるかな」
と恥ずかしそうに笑う彼が取り出したのは昨日食べ残したいなりずし。これはお腹いっぱい間違いないだろう。
縁側に出しておいたちゃぶ台で満足そうにそうめんをすする彼を、ちりんと鳴る風鈴はどう見たのだろうか。
夏はまだまだこれからだ。

 


引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1594092564/

2: 名無しさん 20/07/07(火)12:33:22 ID:lR0
季節感あふれる風流な変則カッスレ
+334点

 


3: 名無しさん 20/07/07(火)12:34:13 ID:Ggg
イイネ・

 


4: 名無しさん 20/07/07(火)12:38:00 ID:3U5
でも甲子園無いんだよね…

 


5: 名無しさん 20/07/07(火)12:38:56 ID:jTS
こういうのでいいんだよ

 


6: 名無しさん 20/07/07(火)15:59:07 ID:gxs
「国民的畜生」「人類の戦犯」などの愛称で知られる巨人小笠原内野手容疑者(36)と
先日のW杯で見事国民的戦犯となった駒野選手の対談が、今月16日、五反田のラブホテルで実現した。
巨人小笠原はまず「とりあえず、お疲れ」と駒野を労った後、問題のPKシーンを2時間にわたって観賞。
さらに「絶対にやってはいけないプレー。頭を割って中をみてみたい」「切腹してほしい。末代までの恥」などと3時間にわたって駒野を罵倒した。
この”口撃”に精神的に追い詰められた駒野は「今後サッカーを続けていく自信がない」という第一声を口にすると
それを聞いた巨人小笠原はすぐさま待合室でソフトクリームを食べていた松中信彦選手を呼び寄せ二人の両足を切断、その場で駒野の両足⇔松中の両足という2対2の大型トレードが成立した。
全盛期の下半身の粘りが欲しい松中と、二度とサッカーが出来ない体が欲しい駒野の両者の思惑が合致した形だ。

この”世紀の大トレード”の成立に満足した巨人小笠原は嬉々とした表情でラブホテルを出ようとしたところ
ホテル玄関前で待ち構えていたジュビロ磐田のサポーター9800人にキンタマを切断され、まもなく死亡した。
この珍事に大正義巨人軍の原辰徳監督は「あれは・・・駒野?!」とコメント。その目は次期サッカー日本代表監督の座を見据えていた。
なお巨人小笠原はこの日の全体練習に参加せず、しばらくは局部のアイシングで様子をみる模様。

 


7: 名無しさん 20/07/07(火)21:22:46 ID:4tH
中日小笠原やんけ!