2018年07月

    1: 名無しさん 2018/07/31(火) 20:54:13.86 ID:Uxp92lqz0
    第100回全国高校野球選手権記念大会(5日開幕・甲子園球場)の出場校による甲子園見学が31日、スタートし、春夏通じて初出場の白山(三重)の女性部長・川本牧子氏(30)が打席に立ってスイングし、大会関係者に制止される場面があった。

     例年の甲子園練習が、今大会は56校と出場校が多く、甲子園見学に切り替えられた。
    選手たちはグラウンドを見学し、ボールを使わずにボール回しのふりやシャドーピッチをする中、それまで選手たちを見守っていた川本部長は、ナインや東拓司監督(31)から招かれるようにグラウンドへ。
    白いポロシャツに紺のスカート、野球帽姿で右打席に入り1回スイングをしてみせた。チーム全員は大喜びだったが、すぐに大会関係者に制止、注意を受けた。

     川本部長は「監督がぜひぜひ、という感じだったので…。でも、打席に立ってはいけないと注意されました」と肩をすくめた。
    そして「試合のための見学会なので、私が立ってはいけないところですよね」と反省し「かなり怒られましたよ」と肩を落とした。

     日本高野連の竹中雅彦事務局長は「今回の見学会は、背番号をつけていない選手やそのほかの人はグラウンド内には入れない、という規則だったので。
    女性だからダメ、というわけではない」と説明していた。

     なお、川本部長は小学生時代に少年野球チームに所属。中学、高校でソフトボール部だった。
    普段は部員にノックを打つことなどは「自主練の時など、年に2日くらいです」と話している。

    7/31(火) 17:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000094-dal-base

    写真
    no title

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533038053/

    【白山高校のまん部長、甲子園で不法侵入をしてしまう】の続きを読む

    542ed0f1






    1: 名無しさん 2018/07/31(火) 16:04:36.04 ID:lgTX1XQe0
    支配下選手登録の期限が終了し、いよいよペナントレースも終盤戦に入る中、現在栃木ゴールデンブレーブスに所属している元巨人・村田修一選手(37)はがっくりと肩を落とした。
    これを聞いて黙っていないのがこの男、畜生ゴールデンボールズ所属の我らがカッス、巨人小笠原(44)である。
    手始めにZOZO社長の携帯を巨人のルパンこと柿澤貴裕選手兼窃盗犯に盗んでもらい、7月31日15時59分に村田に電話。
    ウキウキの村田に対し「いらない」と言い放ち、愛車のリリーフカーで栃木まで移動した。
    豚小屋につくや否やいきり立ったイチモツを抑えられないカッスはついでに盗んできてもらった剛力彩芽を強姦。
    135回絶頂射精し、洗濯したての村田のユニフォームを精子で汚した。
    困惑する村田に対し「これで合わせて2000本だな」「安心して引退していいぞ」とジョークを交えた激励をした後、村田の炊いたとちおとめに発情し、再び射精した。
    しかし引退という言葉で何かを思い出した男村田、ファンキーモンキーベイビーズの曲と共にカッスの頭に魂のフルスイング。
    これによりアナウンサーの願いも虚しくスタンドインし、死亡した。
    これに対し元大正義巨人軍原監督は「村田は巨人時代も独立してたし独立リーグが似合ってる」とコメントした。
    なお村田のNPB復帰は間に合わなかったもよう

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533020676/

    【巨人小笠原、村田修一を激励し死亡 】の続きを読む

    no title






    1: 名無しさん 2018/07/31(火) 13:25:42.28 ID:qZ4hINaba
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00000002-pseven-spo&p=2
    「厳しい上下関係はPLだけでなく、どこの学校にも、どんな部活動にも少なからずあったと思うんです。
    行きすぎた行為は許されませんが、スポーツの厳しさの中から学ぶことはある。
    最近は厳しい指導がやりにくい世の中になった。
    スポーツって、根気よく練習しないとうまくならないじゃないですか。
    それと一緒で、先輩・後輩の厳しさの中から我慢を覚えることで
    社会に出た時、理不尽なことに遭遇しても、耐えられる人間を育めると思うんです」

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533011142/

    【PL学園OB・立浪和義氏「最近は厳しい指導がやりにくい世の中になった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング