51Xihy2f7UL






    1: 名無しさん 2018/07/20(金) 23:20:20.27 ID:B9gaQ6rp0
    人気絶頂のころ、ある大物カメラマンから撮影のオファーを受けたという。
    「そのカメラマンさんは脱がすことで有名な方だったので、私は脱ぎたくなかったんで『私は脱ぎませんよ』って言ってたんですけど、
    打ち合わせに行った時に今まで撮ってきたDVDや写真集を見せられて説得にかかってきたんですけど、『私はそれをやらなくても大丈夫。脱ぎません』
    って言ってたら怒っちゃって…」と説明。
    1度は撮影がなくなりかけたが、スタッフの尽力で仕切り直しとなり、着衣で撮影が行われることになったという。

     しかし撮影当日、用意されていた衣装が全てほぼ裸同然のシースルー。「ちょっと信用してなかったんで、自分で大きいヌーブラと競泳用ではくようなベージュのパンツを持って行ってた」と警戒していたという杏は、
    衣装の下に持参した下着をつけて撮影に臨んだが「『はい、おいで』って呼ばれて2人きりになって撮影が始まるわけですよ、
    誰も入れないようにドアも全部閉めて。そこからワンピースの背中のチャックをおろされて、今度は肩のところを下ろされて。
    そこぐらいまでは全然良いんですけど、どんどんおろしてくるんですよ」とエスカレートするカメラマンに抵抗し続けたという。

     すると「あっちも怒ってきて、『もうこれ脱いで』」と下着を取るように要求され、限界を感じた杏は
    「『泣いて、顔腫らしてて撮影できないようにしちゃおう』と思って、泣きじゃくって」
    ととっさに浮かんだ手段を明かし、結局その撮影はなくなったと語った。

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201807200000292_m.html?mode=all

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532096420/

    【【悲報】杏さゆり、グラドル時代のセクハラ撮影被害を暴露 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング